イボが増えたらヨクイニン?

イボが増えた時にはヨクイニンという漢方薬がおすすめです。
ヨクイニンは、保険治療で使用することもでき、イボが増えた場合は積極的に利用することをおすすめします。
ヨクイニンは稲科のハトムギの種皮をはがした天然の成熟種子で、イボの改善をはじめ、アトピー症状の緩和、美容効果、滋養強壮など、体の内側から肌トラブルの改善が期待できます。
天然成分由来で体に優しく安全なのが特徴で、体の負担や副作用が少なく、利用できます。
ただし漢方薬が妊婦に与える影響は未知の部分が多く、基本的に妊婦は安全性のため服用することができません。
また、漢方薬は服用のタイミングが重要であり、食前や食間といった時間帯をしっかりと守るようにしてください。
イボが増えた時に役立つ薬は少なく、ヨクイニンは安全性が高く、高い効果が期待出来ます。
それでも副作用として、じんましんや発疹の症状、胃の不愉快感、下痢症状などが起こる可能性もあるため、その際は服用を中止してしばらく様子をみることです。
症状が続くようであれば、医者の診断を受けることが必要です。
正しく服用すれば改善が得られますので、試してみてください。

001image

ヨクイニンで足裏のイボは取れる?

ヨクイニンを使って足裏のイボを取るには、ある程度の期間が必要です。
人によって皮膚の新陳代謝のスピードは違いますからどれくらいで治るということは言えませんが、液体窒素などを使わずにヨクイニンだけで足裏のイボを取るのは容易ではありません。
免疫力を高めたり、新陳代謝を良くするために使うことはありますが、足裏のイボがすぐになくなるわけではありません。
人によっては、数年ヨクイニンを飲み続ける必要があります。
ヨクイニン単独で使うよりも、液体窒素で治療したイボの再発を防ぐ目的で服用するのがおすすめです。
また、ヨクイニンは大人の場合、1回あたり3粒×3包くらいを朝昼晩食後に飲む必要があります。
薬の粒が大きく、結構飲みにくいので毎日飲むのは大変です。
目に見えて効果が出るわけではないので、即効性を求めるのであれば、外科的な方法を試したほうがいいかもしれません。
免疫力が落ちて増殖しているような場合は、ヨクイニンで免疫力を高めながら、皮膚科で治療すると良いでしょう。
皮膚科で処方してもらえますし、ドラッグストアなどでも手軽に購入できます。

002image

イボに効果が出る期間は?

ヨクイニンはイボの治療に効くとされますが、ではどのくらいの期間服用すれば効果が期待できるでしょうか?
ヨクイニンは、ハト麦由来の薬です。
ハト麦に含まれる、コイクセラノイドは肌の角質細胞に作用して新陳代謝を促し、解毒効果があるとされています。
そのためイボの治療に用いられることが多いのですが、即効性のある薬ではないため、長期間継続して飲むことが大切です。
また、ヨクイニンの服用だけではイボの完治は難しいとされています。
そもそもイボにはいろいろな種類がありますが、ヨクイニンが治療に用いられるのは、ヒトパピローマウイルスが原因で起こる尋常性疣贅といわれるものに対してです。
一般的に、皮膚科では、液体窒素で組織を凍結、壊死させる治療方法がとられます。
尋常性疣贅は一度の液体窒素治療で完治することは少なく、一週間に一度のペースで数回行う必要があります。
人によって、またできた数によって、完治まで数十回と繰り返す必要がある場合もあります。
そのため1ヶ月程度で治る場合もあれば、1年以上かかることもあります。
ヨクイニンは、液体窒素で凍結させたイボが再生すること防ぐ効果を期待し、また治療期間を短縮する意味合いで、補助的に処方されます。

003image

ヨクイニンに副作用はある?

ヨクイニンは漢方薬の一つで、一般的にイボの治療に用いられます。
漢方薬のため、即効性は期待できませんが、個人差やイボの状態によるものの、1ヶ月~3ヶ月程度で次第にイボが消えてなくなります。
イボの治療には、病院でのレーザー治療や液体窒素が主流でしたが、ヨクイニンを継続的に服用するだけで、徐々にイボが取れるのは喜ばしいことです。
ヨクイニンはイボだけでなくアトピーや肌荒れにも効果があります。
しかし、人によっては副作用が出ることもあります。
稀ですが発心じんましん、胃の不快感などのがあります。
このような酷い症状の場合は一旦服用を中止しましょう。
また、トイレが近くなったり、下痢の副作用が現れることもあるため、外出前や就寝前は量を控えめにすると良いでしょう。
ヨクイニンは、交感神経を刺激するので、血圧が上昇しやすく、高血圧の人や心臓疾患のある人は飲まないほうが良いとされています。
このように効果と副作用をよく知ったうえで注意深く使用しましょう。
不安であれば、専門家に相談すると良いでしょう。

004image

関係があるかもしれないウェブサイト

ヨクイニンとイボの関係についての説明をしました。
効果や副作用について紹介していきました。
イボ対策をもっと知りたいなら、別のウェブサイトがもっと役に立つかもしれません。

特にイボ対策についてお知りになりたいなら、まずは、「イボコロリ」の説明されているサイトをお勧めします。
「イボコロリ液体」はイボや魚の目、タコなどの硬くなった角質の軟化効果のある第2類医薬品です。
ヨクイニンのような漢方系のものもイボに効果がありますが、サリチル酸とコロジオンを主成分とするイボコロリでも、イボ対策に効果があります。

イボの対策を行いたいのであれば、イボコロリに詳しい、下のサイトを是非、訪問してみてください。

まず、首のイボなどのような老人性イボによく効くのは、イボコロリ内服薬です。
イボコロリ内服液もついては、こちらのサイトをどうぞ。
「イボコロリ内服錠」の体験談レビュー!その効果は?

そして、魚の目や足のイボなどによく効くのは、イボコロリ液体です。
イボコロリ液体については、こちらのサイトをどうぞ。
「イボコロリ液体」の効果や値段、正しい使い方は?

きっと、あなたのお役にたてると思います。